子供の便秘に乳酸菌サプリは効果あるの?

乳酸菌サプリを比較!おすすめランキング > 乳酸菌で便秘解消できる? > 子供の便秘に乳酸菌サプリは効果あるの?

子供の便秘に乳酸菌サプリは効果あるの?

子供の便秘に乳酸菌サプリは効果ある?

便秘は大人でもツライことですが、自分の子供が便秘になってしまったら早く解消させてあげたいですよね。

腹痛・お腹の膨張感・吐き気・食欲低下などの症状が出ているのを見ると、ツラくなってしまいます。

すでに慢性化の便秘になってしまった場合は、処方薬で対処することも必要となってしまいます。

ですが、できることなら自然に排便することで解消できたら良いですよね。

便秘の解消にはちょうないかんきょうを整えようと言われていますが、子どもに乳酸菌を飲ませても効果が期待できるのでしょうか?

結果を先に言いますと、「年齢」によって違います。

・乳幼児
直腸や肛門の機能が未熟なこと、便を押し出すための筋力が弱いため、スムーズに排便することができないという場合がほとんどです。

ですので、乳酸菌を摂取してもあまり効果は期待できないケースが多いことに注意しましょう。

基本的に、母乳を飲んでいるときには母乳に乳酸菌が含まれているため、改めて乳酸菌を摂取する必要はありません。

・2歳以降では
基本的には、2歳をすぎた頃から乳酸菌を摂取しても大丈夫です。

食生活が原因でトラブルが起こりやすいのが2歳くらいからになります。

子どもが2歳以降になるころからは、乳酸菌の効果が高くなるケースが多く見られます。

しかし子どもが便秘になる場合は、デリケートなケースが多く、便秘の原因を知り根本から解決しなくては乳酸菌を飲んだからといって解消されないこともあります。

子どもの成長はまだまだ未熟で消化の働きも成長の途中です。

この頃から始まるようなトラブルは、一時的なものではなく成長をしていく過程でも引きずりやすくなります。

デリケートな状態が成人しても続いている・・・ということも少なからずあるようです。

少しでも早い年齢から、トラブルを引き寄せない身体作りをしたいですね。

一般的には、子どもの腸内細菌は善玉菌が優位になっているので、悪玉菌が多くなる中学生から大人ほど効果は期待できないことがあるようです。

子どもの便秘の大きな原因は、

・乳幼児の母乳やミルクから、離乳食が始まる次期
・トイレトレーニングでの失敗した経験
・幼稚園や学校へ入学後の排便を我慢した経験

などが原因で便秘になってしまう場合が多いようです。

子どもはストレスを感じていないようで、デリケートな心を持っています。

便秘の原因を取り除くことで、便秘が解消されたケースもあります。

幼児期のトイレトレーニングは、親にとっては忍耐力を試されているようなときもありますよね。

失敗してしまっても、怒ってプレッシャーをかけるのではなく、上手にできたときにたくさん褒めてあげることが大切です。

これでもかってくらい褒めてみましょう。

次のトイレの時にはきっとうまくいきますよ!

また、朝は余裕をもって起床し、朝食後にトイレで排便をする習慣を付けるように心がけましょう。

【関連記事】
慢性的な下痢・軟便は乳酸菌で解消されるの?
インフルエンザ予防 サプリ
子供の軟便に乳酸菌は効果ある?


タグ : ,

関連記事

  1. 子供の便秘に乳酸菌サプリは効果あるの?
  2. 森下仁丹ビフィーナ(ロンガム種)は便通改善の機能あり
  3. 便通改善のための乳酸菌サプリメント
  4. 乳酸菌で軟便が解消されない場合
  5. 善玉菌を増やす事で便秘解消効果
  6. 便秘改善、解消に乳酸菌サプリ
  7. LG21とは?
  8. 乳酸菌って何?便秘解消に効果あるの?
  9. 乳酸菌は本当に便秘を解消できるの?
  10. 便秘解消におススメの乳酸菌サプリ
  11. 乳酸菌で腸をキレイに!
  12. 乳酸菌で便秘解消できるの?