ラクトフェリン 副作用について

ラクトフェリン 副作用について

健康に良くても副作用は大丈夫?

ラクトフェリンは出産直後の母乳に多くみられ、新生児の赤ちゃんの栄養と免疫力を高めるとされており、タンパク質の1種であるのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンは1939年スウェーデンの学者により、牛乳からごく微量のタンパク質を発見したことがきっかけとされており、そのタンパク質が赤い色をしていることから、「赤いタンパク質」と呼ばれ、ラクト(乳)フェリン(鉄を結合するタンパク質)と名付けられたとされます。

ラクトフェリンは鉄と結合する力が強く、それにより微生物の生育を抑制し腸内に入ることで善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制し腸内環境を整えてくれるとされています。

この他にもラクトフェリンは様々な働きを持っています。

・免疫調節作用
・抗菌、抗ウイルス作用
・抗酸化作用
・鉄吸収促進作用
・脂質代謝改善作用

など、私たちの身体にとてもよい作用をもたらしてくれているとされていますが、その分副作用もあるのでは?と思う方も多いはずです。

imasia_10003000_M.jpg

ですがラクトフェリンは多くが乳製品からつくられており、そのため比較的安全性が高く、副作用の報告は出ていないとされています。

またアメリカ食品医療薬局で、安全基準をクリアし【一般に安全と認められる物質】としても認可されております。

ただ、口コミなどを見ると、人により下痢をしたり、お腹がゆるくなったりガスが出やすくなるという事もあるようです。

また乳製品などのアレルギーまたは、食品アレルギーなどをお持ちの方は、摂取を控えた方が良いともされています。

アレルギーなどをお持ちの方はライオンのホームページにて、原材料名が記載されていますので購入の際は、きちんと確認をしてから購入してください。

持病や他の薬を飲んでいるという方も、医師や薬剤師などに相談してからの摂取が良いと思います。

ラクトフェリンの場合、1日の摂取の目安量は300mgとされています。健康に良い成分を持つラクトフェリンですが、たくさん飲んだら効果早いのでは?と思い過剰に摂取すると体調不良などの原因ともなりますのでやめましょう。

ラクトフェリンには限りませんが、サプリメントなどを飲む場合は量や回数、飲み方などの取扱い上の注意をきちんと読んでから飲むようにすることは大切です。

また、用法容量をも守り毎日続ける事により効果もあらわれてきます。


関連記事

  1. ライオン ラクトフェリンは内臓脂肪を減らすのを助ける機能あり
  2. ラクトフェリン 副作用について
  3. ライオン ラクトフェリンが機能性表示を取得
  4. ライオン ラクトフェリンお試し
  5. ライオン ラクトフェリンの口コミ
  6. ラクトフェリン サプリにはどんな商品がある?